新着情報

ニュース

AICのインテルXeon SP対応の新サーバー製品ラインナップの受注開始

4U102ベイを含む製品ラインナップの大幅拡充 – サーバーボード、高密度ストレージサーバ、NVMeオールフラッシュストレージサーバーなど新しい世代のIntel Xeon Scalable Processors対応のプラットフォームを追加

サーバー・ストレージ製品のスペシャリストであるサーヴァンツインターナショナル株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古田雅一、以下サーヴァンツhttp://www.servants.co.jp)は正規代理店を務めるAIC社の次世代高密度ストレージサーバー製品の受注を9月25日より開始いたしました。4U102ベイの超高密度ストレージ・サーバーなどインテル(R)Xeon(R)プロセッサー・スケーラブル・ファミリーをサポートし、サーバーボード、高密度ストレージサーバー、NVMeオールフラッシュストレージサーバーなど、製品ラインナップが大幅に拡充されました。

今回発表されたベアボーンの新モデルは、SB402-VG 4U 36×3.5インチSAS / SATA高密度ストレージサーバー、SB201-VG 2U 24×2.5インチSAS / SATA高密度ストレージサーバー、SB102-VG 1U 10×2.5 “SAS / SATAストレージサーバーと、いずれもオブジェクトストレージおよびAll-Flash-Arrayサーバーに最適なプラットフォームです。SB402-VGおよびSB201-VGは、AIC独自のサーバーボードVirgoを使用しております。Virgoは新しいIntel(R) Xeon(R) Scalable Processorsのデュアルソケットです。
また、次世代1U 10-Bay NVMeストレージ・サーバーであるAIC SB122A-PVは、AIC独自開発のサーバー・ボード(Pavo)を使用しています。Pavoは10G SFP +接続を持つデュアルソケットのサーバーボードで、新Intel(R) Xeon(R) Scalable Processorsプロセッサー・スケーラブル・ファミリーをサポートします。 更にOCPメザニンカードとDDR4 2666/2400MHzをサポートし、幅広い用途に最適なパフォーマンスを提供します。
加えて、4U102ベイストレージサーバーであるSB405-PVは3.5” SAS/SATA HDDを102本搭載可能な超高密度シャーシであり、限られたラックスペースで大容量のデータキャパシティをサポートするには最適なプラットフォームです。今回発表された製品詳細は以下をご参照ください。
AIC Xeon SP対応新サーバー製品情報
—————————————————-
お問い合わせ
—————————————————-
会社名: サーヴァンツインターナショナル株式会社 (Servants International Corporation)
所在地:〒160-0023 東京都 新宿区 西新宿 6-20-7 コンシェリア西新宿 TW 4F
Tel: 03-4455-7531/ Fax: 03-3346-5234
お問い合わせ:
Email :sales-contact@servants.co.jp