メーカー紹介

Netcope Technologies

会社概要

Netcope(ネットコープ)社は、ネットワークパケットキャプチャ、パケットプロセッシングを主要なアプリケーション領域とする高速かつ低レイテンシーのネットワーク製品を提供する先進サプライヤーです。 2010年にINVEA-TECH社のFPGA事業部門として結成され、2015年にNETCOPE(ネットコープ)社として独立しました。 (本社:チェコ共和国ブルノ)
会社名
Netcope Technologies, a.s.
設立
2010年(2015年 INVEA-TECHより独立)
本社所在地
U Vodárny 2965/2, 616 00 Brno, Czech Republic, Europe

取り扱い製品

製品紹介

Netcope(ネットコープ)社の製品は、ネットワークパケットキャプチャ、パケットプロセッシングを主要なアプリケーション領域とする高速かつ低レイテンシーのネットワーク製品です。同社の高速イーサネットカード製品はFPGA技術を使ったネットワーク処理向けのハードウェアアクセラレーターです。
2014年に世界初の100GbEカードをリリースしましたが、このカード上に搭載されるFPGAチップはネットワークトラフィックをワイヤスピードで処理しフルスループットを提供します。FPGAベースのデザインの恩恵として、高密度10Gソリューションから100Gソリューションへ、また新しく標準化がされた25G/50Gへのシームレスな移行を可能にします。
また、このFPGAアダプターカードをユーザーが最大限活用するためにFPGAカスタム用開発キットであるNetcope Development Kit(NDK)を提供します。
この開発キットはFPGAのカスタマイズを可能にし、ユーザーの望む設計開発、ハードウェア評価、プロトタイピングなどの作業を加速することが可能になります。